事例8 ハラスメントだと言われたら、まず謝罪を!

公開日: : 最終更新日:2016/10/03 円満解決事例

実は、私自身も、危うく訴えられかけたことがあります。高校や大学を卒業して、一旦就職したけれど、3年以内に辞めちゃった、いわゆる「若年未就職者」の方の就職支援のお仕事をさせていただいたときのこと。

この事業は国が莫大な予算を投入して、各県で盛んに行われています。参加している若者には、半年間の勉強期間中も給料が出ます。これは国民の税金から出されています。若者たちは、マナーなどを学びながら、新しい会社に応募・面接・就職していくのです。

そんな中で、クラスにまったくやる気のない女子が、化粧もせずに髪もボサボサのまま、3人固まって、いつもおしゃべりをしていました。ここで「いい加減にしろ!」「血税が投入されているんだぞ!」と怒鳴ったらパワハラになってしまいます。

ですから、私はグッと我慢して、やんわり言ったのです。

「あのね、日本はまだまだ男社会。私の時代もね、クラスのかわいい子からどんどん就職しちゃってさ。私は焦って、身だしなみを整えたものよ。」と。そしたら、翌日に雇い主からこう言われてしまいました。

「3人から苦情が来た。白石さんからブスと言われたと。セクハラだと言っている。いったい何を言ったんですか?!」と叱られてしまいました。

ここで、「私はそんなつもりはなかった!」と反論してはいけません!

確かに、ブスとは言っていないけれど、そういう風に取られるような言い方をした私が悪いのです。業務の範囲を逸脱しています。人格を否定しています。しっかり「明日までにメイクしてきてね。してこないと、就職の応援ができないです。」と言えば良かったのです。

すぐに彼女たちのところに飛んで行き、「ごめんなさい。傷つけてしまいましたね。私の言い方が悪かったです。」と詫びました。彼女たちは、びっくりした顔をして、「そんな、わざわざ・・・。先生、頭下げてください。私たちも悪い部分があったのですから。」と言ってくれました。翌日、髪を整えてきてくれました。

多くのハラスメント記事を読むと、こじれている裁判になっているケースは、ほとんどすべてのケースで、加害者がこう言っているのです。「自分は無実だ。」「行為は認めるが、指導の一環だ。」と。これまで、500人の被害者の方の面談をさせていただきましたが、皆さんの要望は皆さん異口同音にこう言われます。「ハラスメントだと認めて、心から反省し、謝罪してほしい。そしたら水に流す。」と言ってくれています。

でも、どうして、ハラスメント行為者の皆さん謝れないのでしょうか?

謝ったら負けですか?

もし、万が一、仕事のミスを怒鳴っただけなのに「パワハラ」と訴えられたら、こう言いましょう。

「あなたをそんな気持ちにさせてしまったことは、本当に申し訳ない。言い方が悪かった。」と。

大抵が、上司が言っていることはそのとおりなのだけれど「言い方」がキツイとか、くどいというところが「嫌」だったということが多いので、その部分については謝りましょうということです。

 

 

☆ポイント☆

1.自分が良かれと思ってやったことであっても、訴えられたら、即、誠心誠意謝りましょう!

2.自分の思い通りに行かない相手に対して、感情的になってしまったと気がついたら、即言いましょう。「言い過ぎました。ごめんなさい」

3. 負けるが勝ち

関連記事

円満解決事例

事例6 「ハラスメント相談室」が失敗する理由

寝耳に水にならないためには、とにかく、社内のよろず相談室に「気軽に」相談に来てもらうことだと、前項で

記事を読む

円満解決事例

事例4 パワハラ事件が収まったら公開するべし!

ある企業様でハラスメントの事件が起こり、加害者と言われた人が、訴えてきた部下に謝罪し、裁判沙汰になら

記事を読む

円満解決事例

事例5 「よろず相談窓口」の開設でパワハラ裁判ゼロ

予測できることには事前に策を講じておくのが、リスクマネジメントです。 そこで、多くの会社が行う

記事を読む

円満解決事例

事例7 「ハラスメント防止研修」に待った!

働く人の不安感と、ジェネレーションギャップが重なって、会社の中の人間関係を「明るく・風通し良く」する

記事を読む

円満解決事例

事例1 セクハラは「初動」で、80%解決!

セクハラは個人の問題ではなく、会社の問題なのに、当事者間の問題だとする上層部がいらっしゃったら、まず

記事を読む

円満解決事例

事例2 「指導の一環」という「パワハラ」

ある企業様から、お電話をいただきました。 「社員から、パワハラの訴えがあって、加害者と言われた

記事を読む

円満解決事例

事例3 合意の上のセクハラなんてない!

最近こんなケースが増えています。 社員からセクハラの訴えがあった。 →調査委員会を立ち上

記事を読む

  • ハモクリ通信
  • 動画

  • TEL 0561-61-4060
    携帯 090-7026-2373(直通)
no image
2016.9.27 第11号  「挨拶は、名前も付けてね」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「挨拶は

no image
2016.9.7 第10号  「企業も、治療より予防の方が元気になれますね」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「企業も、治

no image
2016.8.24 第9号  「真因を探る」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「真因を探る

no image
2016.8.14 第8号  「暑い日の、労のねぎらい方」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「暑い日の、

no image
2016.8.10 第7号  「恐怖で人をコントロールしてませんか?」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「恐怖で人を

→もっと見る

PAGE TOP ↑