電子書籍を出版

裁判にしないセクハラ・パワハラ相談裁判にしない、

セクハラ・パワハラ相談
 

100%円満解決 

ノウハウを全公開 

 

白石 恵美子

ハラスメント防止コンサルタント

EAPコンサルタント

 

2014.10.2  Amazonから電子書籍を出版いたしました!

ハラスメント問題は、当事者の主観が大きく影響し、また性に関する言動の受け止め方には個人間や男女間で差があることもあり、往々にして、加害者とされる人と、被害者とされる人との間に、大きな認識のずれが見受けられます。
その結果、加害者とされた本人は、非難されるような行為をした認識が全くないので、その処分に納得できず、異を唱えて争うという事態を招くことになります。
セクハラ・パワハラ事件が起こると、自殺者が出たり、裁判になって、泥沼化し、会社や組織のブランドイメージが落ちたり、損害賠償が支払わされたり、もう大変です。
なぜ、こんなに大変なことになってしまうのでしょうか?もっと早く、人が亡くなる前に、円満に解決できなかったのでしょうか?

これまで16年間で500名のセクハラ・パワハラの被害者だけでなく、加害者、関係者や、所属している組織のTOPの方からの相談にも乗りました。
そして、私が、「解決のお手伝い」をさせていただいた企業や学校では、
【一度も訴訟に至っていません!】
そこには、とっても簡単な法則があるのですが、ほとんどの企業や学校は、被害者の方が組織の相談窓口や人事課に相談が来た段階で、その法則を使いません。
でも、私の法則を使っていただけば、この時間とお金と労力を最小限に抑えて、円満に解決していただくことができます。
そして、起きる前に予防していただけます。

本書は、「円満解決」と「予防」の簡単なコツをお伝えし、社員に愛される会社を作っていただくことがねらいです。

 

著者:白石恵美子
1961年生まれ 大学卒業後、4大女子就職難の中、アルバイトを数社経験。セクハラやパワハラに遭いながら社会の荒波に揉まれたのちに(株)リクルートに求人広告の営業アルバイトで入社。名古屋支社で2年間連続営業目標を達成し社員となり、男女雇用機会均等法第一期生となる。27歳で名古屋支社初の女性課長となる。東海地区の企業に精力的に女性活用を提案し、のちに女性のための仕事情報誌「とらば~ゆ東海版」創刊号副編集長などの職務にも従事した。
退職後、大学の心理学科に再入学。
1998年~2002年 自動車メーカーの健康管理室にて心理カウンセラーとして従事。EAP(従業員支援プログラム)の考えを取り入れ、それまで閑古鳥だった健康管理室が「部下との関係の相談」を求める管理職で連日予約がいっぱいになった。
2002年~2006年 国立大学のハラスメント相談所の専門相談員として4年間従事。被害者カウンセリングのみでなく、大学との間に立ち数々の事案を円満解決した。
その後、株式会社ハーモニークリエイションを立ち上げ、「人と人との調和を目指し、明るい社会を創造する」というポリシーで、研修講師やコンサルタント業務をスタート。職場の人間関係を良くし、自分のキャリア目標に向かって生き生きと働く人を応援したいと、全国を奔走している。

資格:ハラスメント防止コンサルタント、EAPコンサルタント、フェミニストカウンセラー

こちらからご購入いただけます!  <Kindle版>  ¥250


公開日:
最終更新日:2014/09/27

  • ハモクリ通信
  • 動画

  • TEL 0561-61-4060
    携帯 090-7026-2373(直通)
no image
2016.9.27 第11号  「挨拶は、名前も付けてね」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「挨拶は

no image
2016.9.7 第10号  「企業も、治療より予防の方が元気になれますね」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「企業も、治

no image
2016.8.24 第9号  「真因を探る」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「真因を探る

no image
2016.8.14 第8号  「暑い日の、労のねぎらい方」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「暑い日の、

no image
2016.8.10 第7号  「恐怖で人をコントロールしてませんか?」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「恐怖で人を

→もっと見る

PAGE TOP ↑