企業ミッション

弊社は、大学で「ハラスメント専門相談員」をお引き受けした経験から

「ハラスメント防止研修」「被害者支援」「事案解決のコンサルテーション」を得意としてきました。

 

3年前、こんなことがありました。
毎年ハラスメント防止研修に呼んでくださっている大学様で、

またも事件が起きて新聞に載ってしまったのです。

毎年、防災訓練のように研修をされる優良な大学や企業は、正直多くはありません。
研修だけでなく、相談窓口や対策委員会もしっかりされているからこそ、
被害者が相談に行けたのであり、隠蔽せずにちゃんと解決したからこそ、
新聞に載ったわけですから、喜ばしいことなのです。

ですが、私はショックでした!

そんな大学の一生懸命な対策を裏切る人があとを絶たないことに対して。
防止対策委員会の皆さんとともに私の無力感も相当なものでした。

どうしたらハラスメントを無くせるんだろう・・・?
どうしたら、みんなが仲良く、前向きに、組織に貢献できるようになるんだろう・・・?

なぜ、わざわざ「意地悪」するんだろう・・・?
仲の悪い組織って、生産性が上がるわけないのに・・・。

この現状に対して、「自分は、何をすべきか?」
「何が出来るだろう?」と私は真剣に考え続けました。

「ハラスメントはいけませんよ。訴えられますよ。良いコミュニケーションを取りましょう。」
という従来のハラスメント研修も「職場のコミュニケーションを良くする傾聴やアサーションスキルを身につけましょう」というスキル研修も、
「なるほど」と思っていただけても、明日から効果が出なければ、ただの清涼飲料水。

「本当にうちの組織、変わりました」と言っていただけるそんな研修を開発したい。そんなコンサルがしたい。
本当にお互いに理解し合い、感謝し合い、助け合って、その組織の理念や目標に向かって、
みんなで力を合わせて業績を出して行けるような組織作りに貢献したい。

人間だから、感情の行き違いもあるし、誤解もあるし、好き嫌いもあるし、相性もある。
だから「スローガン」や「意欲」「道徳」では人は変われないのです。

そして見つけた、ひとつの「答え」が、

働く人の職場の調和(harmony)をもたらす
「仕組み」を創造(creation)することでした。

人は、変わる必要性と変わった時のメリット、そしてそれを習慣化するシステム、
そして、それを強化してくれる「上司―部下(教員ー生徒)の関係」があれば本当に変われます。

良い変革を目指す人の集まりは、必ず「調和」がもたらされます。

調和のある組織では、人間関係に悩まず、

自分の仕事に対して「誇り・喜び・やりがい」を感じるはずです。

多くの人が人生の中で最もたくさんの時間を使う 「働く」という行為が 、
「単なるお金儲けの手段」や「生活の糧のために、我慢してやるもの」というレベルではなく、
「自己成長や社会貢献という喜びのために行うもの」 に進化できるはずです。

そして、それが実現した時、 人・組織、そして日本が
活力に満ちた国になると信じています。

調和(harmony)を創造(creation)して
人・組織・日本をもっともっと明るく元気にしたい!
日本「活力」プロジェクト

そんな壮大な夢に向かって、弊社は走り続けます。

ハラスメント防止コンサルタント 白石

株式会社ハーモニークリエイション

〒480-1117  愛知県長久手市喜婦嶽1815-5

TEL 0561-61-4060

携帯090-7026-2373(直通)

代表取締役  白石恵美子

従業員支援コンサルタント(EAP)
ハラスメント防止コンサルタント
心理カウンセラー


公開日:
最終更新日:2015/11/19

  • ハモクリ通信
  • 動画

  • TEL 0561-61-4060
    携帯 090-7026-2373(直通)
no image
2016.9.27 第11号  「挨拶は、名前も付けてね」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「挨拶は

no image
2016.9.7 第10号  「企業も、治療より予防の方が元気になれますね」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「企業も、治

no image
2016.8.24 第9号  「真因を探る」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「真因を探る

no image
2016.8.14 第8号  「暑い日の、労のねぎらい方」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「暑い日の、

no image
2016.8.10 第7号  「恐怖で人をコントロールしてませんか?」

働き甲斐のある職場作りのヒント   「恐怖で人を

→もっと見る

PAGE TOP ↑